• Home 指輪を選ぶ基準

指輪を選ぶ基準

結婚指輪結婚指輪の準備をするにあたって、様々な事を計算しなければなりません。婚約指輪は結婚式の8~9か月前に検討し、準備を始めればスムーズに事が進みやすくなります。結婚指輪は結婚式の2~6か月ほど前に探す人が多くなります。結婚式の3か月前を切ってしまうと本格的に忙しくなってしまうので、それまでに準備をした方が良いでしょう。

リングのデザインはウェーブライン、ストレートライン、V字ラインがあります。パッと見てすごく印象が変わるわけではないですが見比べたり、指にはめて見てみると繊細な印象が変わっていきます。どういった印象を与えたいかで相談しながら決めると良いでしょう。価格もそうですが、アフターケアがあるか等も基準に選ぶと良いでしょう。

結婚指輪を選ぶ基準で大事になる価格ですが、10~20万円が相場となっています。因みに婚約指輪が20~40万円が相場となっており、婚約指輪と比べると結婚指輪は現実的な選択をする人が多いのが分かります。この相場や平均を見ると所謂給料3か月分といわれるように婚約指輪の方にお金をかける男性が多いです。結婚指輪は結婚後の生活をイメージして着け心地等を重視する人が多いので実用的な選択をする人が多いです。次の頁では、価格と相場について説明します。